シャネル | ガブリエル・シャネルってどんな匂い?口コミと愛用している芸能人を徹底調査!

「活動的で自立した女性」「古い価値観にとらわれない女性」を彷彿とさせる世界的なラグジュアリーブランド、シャネル。

シャネルの創業者ガブリエル・ココ・シャネルの名前を冠して、2017年に発表された新作フレグランス「ガブリエル・シャネル」

大人気の香水シャネル・チャンスシリーズの誕生から14年ぶりのシャネルの新作は、世界中でも大きな話題となりました。

4つの花の香りを凝縮したフローラルノートは、デートやオフィス、プライベート・・・どんなシーンでも使える香水として、特に20〜40代の女性に多く愛用されています。

マドモワゼル・シャネルの「自由なスピリットと情熱にあふれた」精神を受け継いだ、現代を強く生きる女性のための香水シャネル・ガブリエルの香りを、口コミやSNSの評判を基に徹底調査しました。

なりたい自分がある人、自分の道を信じて真っ直ぐに進みたい人にもおすすめの、背中を押してくれる香りを持った香水です。

この記事の執筆/監修者

メディア広報室

小野梨花

RIKA ONO

air Inc.

air.incスタッフ。 ECショップ経営、サロンHP立ち上げ運営を行い2ヶ月で予約を2倍にする。 マーケティング調査が得意な3児の母。

運営会社・ガイドライン情報

コンテンツ制作・運営ポリシー

【景品表示法に基づく表示】:当サイトの運営維持費(サーバー費用等)は広告収入を基に賄われているため、本ページにも広告の記載がございます。

【当該記事に関して】:この記事で紹介する商品は、air Inc.の調査チームが独自で分析し、口コミ評価方法として最適であると考えている情報になります。評価の考え方に関しては、専門書をベースにした統計を使用した確率論です。詳しくは、コンテンツ制作・運営ポリシーをご覧ください。内容に関して、企業や広告主の指示を受けたものではございません。

続きを見る

CHANEL|ガブリエル・シャネル

シャネルらしさを求めつつ、様々なシーンで今を輝く女性が纏えるようにと作られたガブリエル・シャネル。

嫌味がない香りと時間の経過とともに増す香りの重みが特徴的な、上品で爽やかなフローラル系の香水です。

爽やかさと使いやすさから、シャネルを初めて使う方や初めての香水・ファーストフレグランスとして、自分使いようにもプレゼント用にも人気です。

特徴的なフレグランスボトルは、ボヘミアンガラスの工房で作られているこだわりの一品。

シャネルの香水のどのボトルよりも薄く作られているガブリエル・シャネルのボトルは、シャンパンゴールドの液体をすべての面で美しく反射させています。

CHANEL|ガブリエル・シャネルの香りの特徴

ガブリエル・シャネルの香りは、甘く優しくエレガント

4つの白い花々が輝き凝縮された軽やかで上質なフローラルの香りが特徴の香水です。

付けはじめは、オレンジとカシスのフルーティーで爽やかな香りが漂います。

フルーティーな香りが弾けたら、イランランやオレンジブロッサムが華やかに咲き誇ります

徐々にチュベローズの甘さが加わっていき、ラストにはムスクとサンダルウッドが溶け合い大人の雰囲気に。

4つの白い花々(ジャスミン、イランイラン、オレンジブロッサム、チュベローズ)の香りが凝縮された香りは「究極のフローラル」とも言われ、本物の花以上に艶やかで美しい輝きを放っています。

シャネルの香水の中でも、万人ウケする香水としても評価の高い香水です。

サポート石川
サポート石川

香水産業の始まりの地と言われているフランス・グラースには、シャネルのフレグランスのための特別な畑があります。

チュベローズは1年の中でも限られた期間にしか栽培できない特別なお花。

ガブリエル・シャネルの美しく甘いミステリアスな香りは、この貴重なチュベローズのエッセンスがふんだんに凝縮された、まさに唯一無二の特別なフレグランスといえます。

CHANEL|ガブリエル・シャネルの香りの構成

トップノートマンダリン・オレンジ、グレープフルーツ、ブラック・カラント
ミドルノートチュベローズ、イランイラン、ジャスミン、オレンジ・ブロッサム、洋梨、ピンクペッパー、スズラン
ラストノートサンダルウッド、ニオイイリス、ムスク、カシュメラン
CHANEL ガブリエル・シャネル 公式ページ

インスピレーション

「なりたい私を自分で選んだ。それが今の私」―ガブリエル シャネル

ガブリエルはフレグランスの名前である以前に、ひとりの女性の名前でした。彼女の名はココ シャネル。既存のルールを変え、歴史をつくった女性です。
ガブリエル シャネルは、あふれる情熱と自由なスピリットで臆することなく自分を表現し、運命を自らの手で切り開く女性のための香りです。

引用” CHANEL ガブリエル・シャネル公式ページ ”

CHANEL|ガブリエル・シャネルおすすめの使用方法

清潔な肌に、10cm~20cmくらい離してスプレーします。

1ヶ所には1プッシュが適量とされています。

CHANEL|ガブリエル・シャネルの商品情報

フローラルな香りが優しくエレガントに漂う広く愛される香りが魅力のガブリエル・シャネルの公式商品情報です。

人気の香水は偽物も多く出回る傾向があります。

ネットで流通している場合は見分けが難しいですが、正規の商品情報をしっかりと確認して見分ける一つの判断材料にしていただけたら嬉しいです。

CHANEL|ガブリエル・シャネルのボトル容量と価格

35ml44,000円
価格は税込です(2023年10月現在)引用:CHANELガブリエルシャネル公式商品ページ

【香水購入ガイド!正規品と並行輸入品の見分け方】

サポート石川
サポート石川

人気ブランドの香水は購入時に注意が必要です!

しっかりと見極めて購入することをおすすめします。

CHANEL|ガブリエル・シャネルの詳細情報

香りの系統フローラル
香水の種類パルファム【Parfum】
女性向け(レディース)
引用:CHANELガブリエルシャネル公式商品ページ

製品説明

ガブリエル シャネルの中で、もっとも貴重でセンシュアル。素肌にまとった瞬間から、フローラルが芳醇に香り立ちます。繊細なガラスのスクエア ボトルの中をまるでふわりと漂っているようなフレグランス。ボックス、そしてボトルのキャップとラベルは深みのあるゴールドで彩られています。香りを楽しみたい部分にスマートにつけることができるスプレイ タイプで、フェミニンを極めた香り立ちが叶います。

引用” CHANEL ガブリエル・シャネル公式ページ ”

CHANEL|ガブリエル・シャネルを愛用している芸能人

ファンの間で「ガブリエル・シャネルを愛用している!」と噂されている芸能人をご紹介します。

【敬称略】

  • 神崎恵(美容家)

イランイランのエキゾチックな香りやオレンジブロッサムの弾けるような輝きに満ち溢れた香りは、オシャレをレベルアップさせてくれるとInstagramでも人気です。

CHANEL|ガブリエル・シャネルが愛される理由!口コミ徹底調査!

サポート石川
サポート石川

当該記事の口コミに関して

この記事で紹介する口コミ情報は、air Inc.の調査チームが信憑性の高い口コミをユーザー調査して紹介しています。

CHANELガブリエル・シャネルが愛される理由を、良い口コミ・悪い口コミを徹底調査しました。

口コミは、SNS等で書かれているユーザーによる投稿を人工知能がair Inc.独自のマーケティング基準で抽出。

口コミを投稿された方のプライバシーを担保するために、人工知能が評価と内容を変えずにリライトを行っています。


「期待外れ」「イマイチ」という口コミもありますが、私はこの香りが大好きです。
爽やかでフレッシュなフローラルの香りの中に、微かなセクシーさを感じることができます
タイトスカートとヒールを履いたスタイリッシュな女性が使っているイメージが浮かびます。
この香水をつけると、自分も大人の女性になったような気分になれます。

ただ、他の方も指摘しているように、グッチのプルミエールに似ています。
持続性は少し短いですが、その香りがあまりにも好きなので、使い切ったら再購入するつもりです。
ボトルのデザインも美しく、インテリアとしても素敵です。
【20代・女性】

雑誌でみて気になり購入しました
シャネルの香水は初めて。

純粋で可憐ながらもしっかりとした芯を持つ女性のイメージの香りです。
特にローズの香りが強く感じられました。

BAさんによれば、トップからラストノートまで一貫した香りが続くとのことです。
実際、一日中その香りは変わらずに持続しました。
香りの持ち時間は約5、6時間で、パルファンとしては標準的だと思います。
瓶のデザインにも特別なこだわりがあり、非常に薄いガラスで作られているため、手にとると驚くほど軽いです。
デザインは繊細で美しく、50mlのサイズは手のひらサイズが上品です。
持ち運びにも非常に便利です。
【20代・女性】

4種類の白い花をベースにした気高い香り。
トップからラストまでのノートのまで一貫した香りを保ってくれる香水です。
上品な花の香りが持続し、非常に斬新で新鮮に感じました

試しにつけて街を歩き、香りが変わらないことを実感した後、お店に戻り、大きなサイズのものを購入しました。
ボトルも特別な薄いガラス加工が施されており、軽いので持ち運びには向きません
ボトルデザイン自体はスタイリッシュでインテリアとしても映えます

香水をつけた直後は香りが強く広がりますが、時間が経つと落ち着きます。
私は基本的に足元に直接つけるのではなく、空中にスプレーしてから歩くようにしています。
CHANELのような強いインパクトのある香水でも、この方法で1日中ふわっと香ってくれます。
休日には特に気分が高まります
【30代・女性】

主人からクリスマスの贈り物としてこの香水をもらいました。

甘過ぎず、繊細でありながらも華やかな香りがとても気に入りました。
年齢を重ねると様々な身体の変化が出てきてつらくなることもあります。
そんな時にはガブエルシャネルを1プッシュして、癒されています。
この香りにはリラックス効果があるように感じます。

何十年ぶりかの主人からのクリスマスプレゼント。
感謝の気持ちを込めて、この香水を大切に使いたいと思います。
【40代・女性】

シャネルの香水が大好きで、ガブリエルにも魅了されました。
20代の頃はココシャネルをよく使っていました。
ガブリエルの香りに出会った瞬間、その香りに夢中になってしまいました。

その甘くて魅惑的なジャスミンやチュベローズの香りがセクシーです。

オフィスには合わない香水だと思うので、家や休日に楽しんでいます。

家に帰った後のリラックスタイムや寝る前、そして特別な日のお出かけの際には欠かせません
日本の高い湿度のせいで一年中使うのは少し難しいですが、空気が乾燥している季節には特にこの香りを楽しみたくなります。
【50代・女性】

香りにまったくときめきを感じません
オレンジフラワーの香りは確かに魅力的で好きだけど・・・
ジャスミンやイランイランの香りは確かに感じるものの、それらの青臭さが強調されてしまっているように思う。
女性性のキツさを感じる香り
【20代・女性】

50代前後の女性、マダムやミセス向けの印象の香りです。
初めは「chanceのeau vive」に似ていると感じました。
しかし、しばらくすると粉っぽくて重たい香りが立ち上がってきました。

本来、甘い香りやフローラルな香りが好きなのですが、この香りには少し違和感を感じました
今後もCHANELの香水は「chance」の3種類を使い分けることになりそうです。
【30代・女性】

シャネルの最新作香水。
現代のトレンドに合わせて、さわやかなホワイトフラワーの香りを期待していました。

実際には男性的なニュアンスを感じる香りで、びっくりしました。
持続性はやや短く、約2時間程度の印象です。
香りを薄めくすることで、さわやかさを出そうとした結果なのかなとも思いました。

他のブランドならともかくとして、シャネルでこの香水はがっかり
この香りなら、軽めの男性用としてリリースする方が良いのではないでしょうか。
もし、ココシャネル(本名ガブリエルシャネル)の強い生き様を男性的な香りで表現しようという意図があるのなら、そのコンセプトは理解できますが。
【30代・女性】

期待していたのですが、ちょっと残念でした。
Diorの香水、特にMissDiorにとても似ています。
CHANELの香水が得意でない方には新鮮に感じるかもしれません。
私にとっては「あ、この香り」という印象でした。
期待していた分だけ、よけいに残念に感じてしまいました
【40代・女性】

ガブリエル・シャネル。
シャネルの本名を冠したこのフレグランスには、戦後の困難な時代を乗り越え、愛や仕事、夢に向かって進んでいった彼女のイメージが込められているのでしょうか・・・

興味が湧きましたが、私には少し難しい香りでした。

シャネルの代表的な香りであるNo.5を愛用する方には物足りなさを感じるかもしれません。
チャンスを愛されている方には、甘さが足りなく感じるかもしれません。

使い始めてからしばらくすると、感じられるフローラルな甘さが好きです。
残念ながら、その香りはすぐに消えてしまいます。

この香りは女性よりも、スーツ選びにセンスのある男性がさらっと纏っていた方がかっこいいのだろうなと思います。
【20代・女性】

CHANELのガブリエル大好きでお気に入りです。
常に手元に置いている唯一のフレグランスです。
特別な日や自分を奮い立たせたい時には欠かせません
この香りを纏うと背筋がシャキッと伸び、気分が高まります。
その「運命を自らの手で切り開く」というメッセージも、香りとともに染み込んできます。
年齢を問わず長く愛用できる香りなので、これからもずっと愛用していきたい香水です。
【30代・女性】

シャネルの新ラインフレグランス「ガブリエル」を手に入れました。
この名前を冠すると、シャネル愛好者としては香り以外の要素にも目が行きがちですが、ここでは香りに焦点を当ててみます。

この香水のトップノートは、グレープフルーツとマンダリンのシトラス感が際立っています。
中心のノートは、ブラックカラントのグリーン感を持つオレンジフラワーとイランイランの香り。
特に、イランイランの香りはシャネルらしさを新たな方向で解釈しているように感じます
ジャスミンの香りが次第に増してきますが、その背後にはバニラの甘さも感じられます。
ベースノートはウッディ-ムスキー。
ここでチュベローズの香りが現れますが、すぐにサンダルウッドやムスクと調和します。
このガブリエルには、シャネルが30年以上のパートナーシップを結んでいるグラースのミュル家が栽培したチュベローズが使用されていますが、その香りは控えめです。
「極上の白いドレスを思わせるようなグラースチュベローズが顔をのぞかせています。これこそが究極の白い花」
と謳っているのに、かなり乾いた香りがベースでちょっとのぞくだけなのが、とても勿体なく感じます

ガブリエルは、春から夏にかけての季節に特に合う、明るく爽やかなホワイトフローラルの香りです。
しかし、ガブリエル シャネルの情熱的で自由なスピリットを表現するというコンセプトには、完全には納得できない部分もあります。
同時期に発売されたエルメスの「トゥイリー ドゥ エルメス」は、大胆で魅力的なチュベローズの香りが特徴で、ガブリエルのコンセプトにも近いと感じました。
【40代・女性】

白い大輪の花の香りが優雅に広がる感じが、本当に大好きな香りです。
私はガブリエル・シャネルの大ファン。
ブランドではなく、創始者のガブリエル・シャネル。
彼女の生き様、言葉は常に私を支えてくれてきました

彼女の名前がついた香りには、自然と興味が湧いてしまいます。
正直、この香りが自分に似合っているかどうかは自信がないのですが、新しいバージョンが出たら、間違いなく購入します!
ただ、仕事の際に使うには少し甘めの香りかもしれません。
私は地方の技術系の会社で働いていて、オフィスの雰囲気はあまり華やかではありません。
この香りは「上品な女性」をイメージさせるので、控えめに使っています
ガブリエル・シャネルの名前を冠した香りを控えるのは、少し矛盾しているかもしれませんね。

それでも、この香りのことを考えると、他の香りは必要ないくらい、心から好きです。
【50代・女性】
サポート石川
サポート石川

ガブリエル・ココ・シャネルの名前を冠しているとあって、多くのシャネルを愛している人のシャネルへの敬愛に溢れた口コミが多いことに、感銘を受けました。

香水を付けるマナー!気をつけたいシーンとは?

CHANELガブリエル・シャネルが気になる!

そんなあなたに知っていて欲しいのが「香水をつけてはいけないシーン」です。

日常的に身だしなみとして香水を愛用されている方も、次のような場所では匂いそのものがNGとされている場合があります。

良い香りで気持ちよく楽しみたい香水。

シーンや場所への配慮をして、大人の楽しみ方をしたいですね。

サポート石川
サポート石川

大人の嗜みの香水。

大人のマナーを守って、気持ちよく楽しみたいですね!

お寿司屋さん彩や味、香りで楽しむ料理であるためNG
ビジネスの会食食事の際に香りが料理の味を損なう恐れもあるためNG
混んでいる飲食店混雑している飲食店での香水の使用は、他の客に迷惑をかける可能性があるためNG
面接マナーが重視されるため香りの強調はNG
試験会場試験中、他の受験者の集中を妨げる恐れがあるためNG
病院&歯医者病院や歯医者では、患者や医療スタッフに迷惑をかける可能性があるためNG

商品選びの注意!|正規品と並行輸入品の違いについて

海外の製品を並行輸入品又は個人輸入品として購入した際に、取扱説明書が日本語でなく注意表示がなかった、粗悪品ですぐに壊れた、化粧品で皮膚に障害が起きた、リコールされているのに返品できなかったなどの情報が、消費者庁に寄せられています。

CHANEL|ガブリエル・シャネル:商品詳細

楽天ポイントが貯まってお得

香水をお得に買いたい!という場合には、
キャンペーンを狙うのがオススメです!

CHANEL|ガブリエル・シャネル 35ml

 (4)

定価:¥44,000円(税込)

新世代のフェミニニティを体現する香り、シャネル N°5 ロー オードゥ トワレット。N°5の革新的な個性を鮮やかに映しつつ、モダニティをベースとした、フレッシュでいきいきとしたフローラル ノート。

自分用・日常使い
40代 女性
満足度
 (4)

背筋を伸ばしたい時の香水

シャネルの香水をシーンや気分によって使い分けています。

ガブリエルシャネルは、1番気合を入れたい時や、踏ん張りどころで自分を鼓舞するために愛用しています。

甘い香りもするのですが、女性らしさを忘れずに女性らしく闘いにエレガントに向かう時の力強い味方です。

ガブリエルシャネル。

名前、ボトル、香りに至るまで女性の芯を支えてくれる香りだと思っています。

続きを見る