香水用語

50音順|香水用語一覧

用語
アーシー (Earthy)
アクアノート
アコード (Accord)
アトマイザー (Atomoizaer)
アニマルノート、アニマリック (Animalic)
アブソリュート (Abusolute)
アランビック (Alambic)
アルデハイド (Aldehyde)
アロマオイル (Aroma Oil)
アロマセラピー (Aromatherapy)
アンバー (Amber)
アンバーグリス (Ambergris)
アンフルラージュ (Enfleurage)
イミテーション (Imitation)
インセンス
インテンシティ (Intensity)
インフュージョン (Infusion)
ウォーム (Warm)
ウッディノート (Woody Note)
エステル類 (Esters)
エッセンシャルオイル (Essential Oil)
オークモス (Oak Moss)
オーデコロン
オードトワレ
オードパルファム
オゾンノート (Ozone Note)
オットー (Otto)
オルガン (Organ)
ガスクロマトグラフィー (Gas Chromatographe)
カストリウム
グラース (Grasse)
グリーンノート (Green Note)
クリエーション (Creation)
グルマンノート
コフレ
シェーマ (Scheme)
シェルフテスト (Shelf Test)
シトラス
シプレーノート (Chypr)
シングルフローラル (Single Floral)
スパイシー (Spicy)
スメリングストリップ (Smelling-Strip)
スモーキー (Smoky)
センシュアル (Sensual)
タバコノート (Tabacco Note)
テイスティング
トップノート (Top Note)
ニューケミカル (New Chemical)
ネ (Nez)
ノート (Note)
ハーモニー (Harmony)
パウダリー (Powderic)
バカラ (Baccarat)
パチュリ
パフューマー、パーフューマー (Parfumeur、Perfumer)
バルサミック (Balsamique)
フォーミュラ (Fomula)
フゼア系ノート (Fougere Note)
フローラルブーケ (Floral Bouquet)
フロリエンタル (Floriental)
ヘイライク (Hay-Like)
ボディ (Body)
ムエット (Mouillette)
ムスキー (Musky)
ムスク (Musk)
モッシー (Mossy)
ユニセックス (Unisex)
レザーノート (Leather Note)
圧搾法 (Expression)
安定性 (Stability)
果皮 (Zest)
拡散性 (Diffusion)
香水ソムリエ
香調 (Note)
香料 (Perfume)
合成香料
持続性 (Tenacity)
熟成 (Aging)
樟脳 (Camphre)
蒸留法 (Distillation)
精油 (Essential Oil)
調香 (Melonge)
調香師 (Perfumer)
天然香料
動物性香料
賦香率 (ふこうりつ、Dose De Parfum、Ratio Of Perfuming)

あ行|香水用語集

  • 使用状況: 香水の香りの特徴を説明する際に使われる。
  • 意味: 大地や土、ほこりなどの自然な香りを連想させる表現。自然界の生の香りを感じさせる。
  • 使用状況: 香水の香りの特徴を説明する際に使われる。
  • 意味: 水や海を連想させる清涼感のある香り。爽やかで軽やかな印象を与える。
  • 使用状況: 香水の香りのバランスを説明する際に使われる。
  • 意味: 複数の香料が調和して一つの香りを形成すること。バランスが取れた香りの組み合わせ。
  • 使用状況: 香水の容器の種類を指す際に使われる。
  • 意味: スプレー式の香水ボトル。香水を霧状にして肌や衣服に吹き付けるために使用される。
  • 使用状況: 香水の香りの特徴を説明する際に使われる。
  • 意味: 動物由来の香料を連想させる香り。ムスクやアンバーなど、深みのある重厚な香りを指す。
  • 使用状況: 香水の製造過程や成分について説明する際に使われる。
  • 意味: 植物から抽出された高濃度の香料エッセンス。特に花から抽出された純粋で強い香りの成分。
  • 使用状況: 香水やエッセンシャルオイルの製造過程において使用される。
  • 意味: 蒸留器の一種で、香料やエッセンシャルオイルを抽出する際に使用。アラビアで開発された古典的な蒸留装置。
  • 使用状況: 香水の成分や香りの特徴を説明する際に使われる。
  • 意味: 合成香料の一種で、強い拡散力と独特の清涼感を持つ。香水に新鮮さや輝きを加える。
  • 使用状況: アロマセラピーなどで使用される際に使われる。
  • 意味: 天然または合成の香りのオイル。アロマセラピーで使用されることが多く、リラクゼーションや気分転換に効果的。
  • 使用状況: アロマオイルを使用した健康法やリラクゼーション法を説明する際に使われる。
  • 意味: 香りを通じて心身の健康を促進する療法。エッセンシャルオイルの香りを利用して、リラクゼーションやストレス解消を図る。
  • 使用状況: 香水の香りの成分や特徴を説明する際に使われる。
  • 意味: 琥珀から得られる香り。温かみのある、甘く深い香りが特徴で、香水に豊かな香りを加える。
  • 使用状況: 香水の成分や香りの特徴を説明する際に使われる。
  • 意味: マッコウクジラの消化器官から産出される物質。独特の甘く土臭い香りがあり、高級香水の成分として珍重される。
  • 使用状況: 香水の製造方法を説明する際に使われる。
  • 意味: 花から香りを抽出する伝統的な方法。脂肪に花を漬け込み、香りを吸収させる。
  • 使用状況: 香水の製造やマーケティングにおいて使われる。
  • 意味: 他の香水に似せて作られた香水。特定の人気香水の香りを模倣した製品。
  • 使用状況: 香りの種類や香水の成分を説明する際に使われる。
  • 意味: お香の香り。瞑想やリラクゼーションに使われることが多く、香水にもその香りが用いられる。
  • 使用状況: 香水の香りの強さや濃度を説明する際に使われる。
  • 意味: 香りの強さや濃度を指す。インテンシティが高い香水は香りが強く、長持ちする傾向がある。
  • 使用状況: 香水やエッセンシャルオイルの製造過程で使われる。
  • 意味: 溶剤を用いて植物や花から香りを抽出する方法。香料成分を溶剤に浸して香りを抽出する。
  • 使用状況: 香水の香りの特徴を説明する際に使われる。
  • 意味: 温かみのある香りを指す。甘く、包み込むような快適な香りが特徴。
  • 使用状況: 香水の香りの特徴を説明する際に使われる。
  • 意味: 木の香りを基調とした香り。サンダルウッドやシダーウッドなど、自然な木の香りが特徴。
  • 使用状況: 香水の成分を説明する際に使われる。
  • 意味: アルコールと酸が反応して生じる化合物。香水に甘い、フルーティな香りを加える成分。
  • 使用状況: アロマセラピーまたは香水の成分を説明する際に使われる。
  • 意味: 植物から抽出された天然の香りのオイル。香水やアロマセラピーに使用され、特有の香りと治療効果がある。
  • 使用状況: 香水の成分や香りの特徴を説明する際に使われる。
  • 意味: 樫の木に生える苔から抽出される香料。地球的で深みのある香りを香水に加える。
  • 使用状況: 香水の種類や特徴を説明する際に使われる。
  • 意味: 軽い香りのフレグランスで、香料の含有量が比較的低い。日常的に気軽に使える。
  • 使用状況: 香水の種類や特徴を説明する際に使われる。
  • 意味: パルファムよりも軽い香りのフレグランス。日常的に使いやすく、香料の含有量は中程度。
  • 使用状況: 香水の種類や特徴を説明する際に使われる。
  • 意味: パルファムに次ぐ濃度の香水。香料の含有量が高く、持続性がありながらも使いやすい。
  • 使用状況: 香水の香りの特徴を説明する際に使われる。
  • 意味: 空気の清涼感や水辺の爽やかさを思わせる香り。マリンノートに近く、軽やかで透明感のある香り。
  • 使用状況: 香水の成分や製造方法を説明する際に使われる。
  • 意味: 水蒸気蒸留法によって抽出されるローズオイルのこと。高品質で純粋なローズの香りが特徴。
  • 使用状況: 香水の調香過程で使われる。
  • 意味: 調香師が使用する香料瓶を効率よく配置した調合台。香料を素早く取り出し、調香作業を行うための設備。

か行|香水用語集

  • 使用状況: 香料成分の分析に使われる。
  • 意味: 香料成分を分離し、分析するための科学的手法。各成分を特定し、香水の品質を保証するために使用される。
  • 使用状況: 香水の成分を説明する際に使われる。
  • 意味: ビーバーの性腺から得られる香料。独特の強い香りがあり、歴史的に香水の成分として使用されてきた。
  • 使用状況: 香水の歴史や製造の中心地を説明する際に使われる。
  • 意味: フランス南部プロバンス地方にある都市で、世界的に有名な香水の産地。高品質な香料の生産で知られる。
  • 使用状況: 香水の香りの特徴を説明する際に使われる。
  • 意味: 新鮮で生き生きとした草や葉の香り。自然で爽やかな印象を香水に与える。
  • 使用状況: 香水の開発やデザインを説明する際に使われる。
  • 意味: 香水の創作活動。新しい香りの組み合わせやコンセプトを開発するプロセス。
  • 使用状況: 香水の香りの特徴を説明する際に使われる。
  • 意味: 食べ物を連想させる甘くて美味しそうな香り。バニラやキャラメルなどの甘い香りが特徴。
  • 使用状況: 香水や化粧品のセット商品を説明する際に使われる。
  • 意味: 香水や化粧品がセットになったギフトボックス。特別なデザインや限定品が含まれることが多い。

さ行|香水用語集

  • 使用状況: 香水の処方や構成を説明する際に使われる。
  • 意味: 香水の成分や香りの構成を図式化したもの。香りのバランスや組み合わせを視覚的に表現。
  • 使用状況: 香水の品質管理や安定性を評価する際に使われる。
  • 意味: 香水が一定期間保管された後の香りの変化や安定性をテストするプロセス。
  • 使用状況: 香水の香りの特徴を説明する際に使われる。
  • 意味: 柑橘系の果実の皮から得られる香り。爽やかで軽快な香りが特徴。
  • 使用状況: 香水の香りの特徴を説明する際に使われる。
  • 意味: 苔を基調にした香りのカテゴリー。柑橘系やフローラルの香りと組み合わせられることが多い。
  • 使用状況: 香水の香りの特徴を説明する際に使われる。
  • 意味: 一つの花の香りに焦点を当てた香水。特定の花の香りを純粋に表現する。
  • 使用状況: 香水の香りの特徴を説明する際に使われる。
  • 意味: スパイスを連想させる香り。シナモン、クローブ、ナツメグなどの温かみのある刺激的な香り。
  • 使用状況: 香水の香りを試す際に使われる。
  • 意味: 香水の香りを試すための紙のストリップ。香水をつけて香りを確認する。
  • 使用状況: 香水の香りの特徴を説明する際に使われる。
  • 意味: 煙や焚火を連想させる香り。深みのある、やや重厚な香りが特徴。
  • 使用状況: 香水の香りの特徴や効果を説明する際に使われる。
  • 意味: 官能的で魅惑的な香り。性的魅力を高めるような深く魅力的な香り。

た行|香水用語集

  • 使用状況: 香水の香りの特徴を説明する際に使われる。
  • 意味: タバコの葉を連想させる香り。男性用香水でよく用いられ、深みと成熟した印象を与える。
  • 使用状況: 香水の香りを評価する際に使われる。
  • 意味: 香水の香りを体験し、その特徴や質を評価する行為。香りのバランスや調和を感じ取る。
  • 使用状況: 香水の香りの構成を説明する際に使われる。
  • 意味: 香水をつけた直後に感じられる香り。最初の印象を決定づけ、比較的短時間で消える。

な行|香水用語集

  • 使用状況: 香水の成分を説明する際に使われる。
  • 意味: 自然界に存在しない合成香料。独特の香りや特性を持ち、香水に多様性をもたらす。
  • 使用状況: 香水業界での専門用語として使われる。
  • 意味: フランス語で「鼻」を意味し、調香師を指す際に用いられる。香りの専門家を表す。
  • 使用状況: 香水の香りの特徴を説明する際に使われる。
  • 意味: 香水の香りの特徴や構成要素。トップノート、ミドルノート、ベースノートなどがある。

は行|香水用語集

  • 使用状況: 香水の香りのバランスを説明する際に使われる。
  • 意味: 香りの成分が互いに調和している状態。全体としての香りがバランス良くまとまっていること。
  • 使用状況: 香水の香りの特徴を説明する際に使われる。
  • 意味: ふんわりと柔らかく、粉っぽい感じの香り。優しく落ち着いた印象を与える。
  • 使用状況: 香水ボトルの材質を説明する際に使われる。
  • 意味: 高級クリスタルガラス製品のブランド。香水ボトルに使用されることで、高級感と美しさを演出。
  • 使用状況: 香水の成分や香りの特徴を説明する際に使われる。
  • 意味: インドネシア原産の植物から抽出される香料。深みのある木の香りで、メンズフレグランスによく用いられる。
  • 使用状況: 香水の製造過程で使われる。
  • 意味: 香水を調合する専門家。香りの組み合わせや新しい香水の開発を行う。
  • 使用状況: 香水の香りの特徴を説明する際に使われる。
  • 意味: 樹脂由来の甘く暖かみのある香り。バルサム様の香りは、香水に深みとリッチな感じを与える。
  • 使用状況: 香水の調合を説明する際に使われる。
  • 意味: 香水の配合比率や成分の組み合わせを示す処方箋。香水のレシピとも言える。
  • 使用状況: 香水の香りのカテゴリーを説明する際に使われる。
  • 意味: シプレー系の香りに似ているが、より男性向けの香調。フレッシュで力強い香りが特徴。
  • 使用状況: 香水の香りの特徴を説明する際に使われる。
  • 意味: 複数の花の香りが組み合わさった香調。花束のように多様な花の香りが調和している。
  • 使用状況: 香水の香りのカテゴリーを説明する際に使われる。
  • 意味: フローラル(花の香り)とオリエンタル(東洋的な香り)を組み合わせた香調。エキゾチックで魅惑的な香り。
  • 使用状況: 香水の香りの特徴を説明する際に使われる。
  • 意味: 枯草のような香りを指す。自然で乾燥した草の香りが特徴で、落ち着いた雰囲気を演出する。
  • 使用状況: 香水の香りの構成を説明する際に使われる。
  • 意味: 香水の香りの中心部分、ミドルノートを指す。香水の主要な香りが表れる部分。

ま行|香水用語集

  • 使用状況: 香水の香りを試す際に使われる。
  • 意味: 香水の香りを試すための紙片。香水をつけて香りを確認する際に使用される。
  • 使用状況: 香水の香りの特徴を説明する際に使われる。
  • 意味: ムスクに似た香り。官能的で魅力的な香りで、持続性が高い。
  • 使用状況: 香水の成分や香りの特徴を説明する際に使われる。
  • 意味: ジャコウ鹿などの動物から得られる香料。深みのある、セクシーで魅惑的な香りが特徴。
  • 使用状況: 香水の香りの特徴を説明する際に使われる。
  • 意味: コケ(Moss)を連想させる香り。湿った土や森林の自然な香りが特徴で、深みと落ち着きを与える。

や行|香水用語集

  • 使用状況: 香水の対象性別を説明する際に使われる。
  • 意味: 男女どちらにも適する香水。性別を問わず使える汎用性の高い香り。
  • 使用状況: 香水の香りの特徴を説明する際に使われる。
  • 意味: なめし革のような香り。男性用香水でよく用いられ、力強く洗練された印象を与える。

わ行|香水用語集

漢字|香水用語集

  • 使用状況: 香料の抽出方法を説明する際に使われる。
  • 意味: 柑橘系の果皮から油を抽出する方法。果皮を機械的に圧搾して香料を得る。
  • 使用状況: 香水の品質を評価する際に使われる。
  • 意味: 香水が時間の経過とともに変化しない性質。品質が安定していることを示す。
  • 使用状況: 香水の成分や香りの特徴を説明する際に使われる。
  • 意味: 柑橘系の果実の皮から得られる香り。爽やかで鮮やかな香りが特徴で、清涼感を与える。
  • 使用状況: 香水の香りの広がり方を説明する際に使われる。
  • 意味: 香りが空気中に広がる性質。拡散性が高い香水は周囲に香りが広がりやすい。
  • 使用状況: 香水の専門知識や販売に関連する職業を説明する際に使われる。
  • 意味: 香水の専門家で、香りの選択やアドバイスを行う。香水の知識とセールススキルを持つ。
  • 使用状況: 香水の香りの特徴やカテゴリーを説明する際に使われる。
  • 意味: 香水の香りの特性や調子。フローラル、ウッディ、スパイシーなど様々な香調がある。
  • 使用状況: 香水の成分を説明する際に使われる。
  • 意味: 香水に香りを付けるための物質。天然または合成の香料が使用される。
  • 使用状況: 香水の成分を説明する際に使われる。
  • 意味: 化学的手法によって合成された香料。天然香料とは異なり、多様な香りを生み出すことが可能。
  • 使用状況: 香水の品質や特性を評価する際に使われる。
  • 意味: 香水の香りがどれだけ長く持続するかを示す。持続性が高い香水は香りが長く続く。
  • 使用状況: 香水の製造過程を説明する際に使われる。
  • 意味: 香水が完成した後、一定期間置いて香りを安定させる過程。香りの深みが増す。
  • 使用状況: 香水の成分や香りの特徴を説明する際に使われる。
  • 意味: クスノキから抽出される白色の結晶体。清涼感のある香りが特徴で、香水に使用される。
  • 使用状況: 香料の抽出方法を説明する際に使われる。
  • 意味: 植物からエッセンシャルオイルを抽出する方法。水蒸気を用いて香料成分を分離する。
  • 使用状況: 香水の成分やアロマセラピーを説明する際に使われる。
  • 意味: 植物から抽出された天然の香りのオイル。香水やアロマセラピーに使用され、独特の香りと効能がある。
  • 使用状況: 香水の製造過程を説明する際に使われる。
  • 意味: 複数の香料を混合して特定の香りを作り出すプロセス。香水の特徴的な香りを生み出すための技術。
  • 使用状況: 香水の製造過程や専門家を説明する際に使われる。
  • 意味: 香水の香りを作り出す専門家。香料の知識と技術を持ち、新しい香水を開発する。
  • 使用状況: 香水の成分を説明する際に使われる。
  • 意味: 植物や動物から自然に抽出される香料。合成香料とは異なり、自然の香りを提供する。
  • 使用状況: 香水の成分を説明する際に使われる。
  • 意味: 動物由来の香料。ムスクやアンバーグリスなどが含まれるが、現在は合成代替品が多く使われる。
  • 使用状況: 香水の濃度や成分比率を説明する際に使われる。
  • 意味: 香水に含まれる香料の割合。賦香率が高いほど香りが濃厚で、持続性が増す。

参考|制作に参照したもの

香料の科学

アロマテラピー検定公式テキスト 1級・2級

この記事の執筆/監修者

メディア広報室

小野梨花

RIKA ONO

air Inc.

air.incスタッフ。 ECショップ経営、サロンHP立ち上げ運営を行い2ヶ月で予約を2倍にする。 マーケティング調査が得意な3児の母。

運営会社・ガイドライン情報

コンテンツ制作・運営ポリシー

【景品表示法に基づく表示】:当サイトの運営維持費(サーバー費用等)は広告収入を基に賄われているため、本ページにも広告の記載がございます。

【当該記事に関して】:この記事で紹介する商品は、air Inc.の調査チームが独自で分析し、口コミ評価方法として最適であると考えている情報になります。評価の考え方に関しては、専門書をベースにした統計を使用した確率論です。詳しくは、コンテンツ制作・運営ポリシーをご覧ください。内容に関して、企業や広告主の指示を受けたものではございません。

続きを見る